ドライフラワー

【誰でもできる】【超簡単】 シリカゲルドライフラワーの作り方

送別会などでもらったお花を残せたらな・・・

と思ったことはないですか?!

記念のお花を残せたらいいなーと思いませんか!?
バラ、カーネーション、ラベンダー、かすみ草、ガーベラ、ミモザ、紫陽花、etc.

せっかくプレゼントでもらったのに、捨ててしまってはもったいないです。

そんなときに誰でもできる初心者向けのドライフラワーの作り方をご紹介いたします。

シリカゲルドライフラワーは簡単でオススメ!!

一番簡単なのは、吊るす方法で作るドライフラワーです。

その名の通り、もらったお花を輪ゴムなどで縛り、
逆さに吊るしておくだけでできちゃいます。

ただそうすると、しわしわになったり、退色してしまったり。
あんまりきれいに仕上がらないんですよね。

なので出来るだけ色や形を保って、
長期で保存するにはシリカゲルを使った方法がオススメです!

シリカゲルって?

シリカゲルって何?という方もいらっしゃるかと思いますが
よくクッキーなどのお菓子に同封されている乾燥剤のことです。

ドライフラワーで使うシリカゲルは、粒子がとっても細かいのでお花の細部にまでいきわたり、まんべんなく乾燥できます。

なのでクッキーとかのお菓子用のシリカゲル ではなくお花用のシリカゲル を使ってくださいね^ ^

大体1kg1000円ほどでお買い求めいただけます!

シリカゲルの使い方

タッパーにシリカゲルを入れて、その中にお花を埋めます。

お花が見えなくなるくらいまでシリカゲル を被せて入れていきます。
お花にもよりますが大体2週間くらいそのまま放置します。

シリカゲルは粉末なので、マスクをしたりして、吸い込まないように注意してくださいね!

完成!

2週間後にシリカゲル から取り出したら完成です。

少し時間はかかるけれど、その分、とても綺麗に仕上がりますよ^ ^

使ったシリカゲルはどうすれば・・・?

一度使ったシリカゲル は青〜段々ピンク色へ変わっていき、
乾燥力が低下していきます。

が!
シリカゲルって、再生できるんです。
繰り返し何度でもずーっと使えます!!

ピンクになると乾燥力がないので、電子レンジなどで、再度加熱することで、再生します。
(私はフライパンで火であぶります)

長く綺麗な状態を保つために

シリカゲル で作ったドライフラワーは、そのままにしておくと・・・

・水分を吸ってしまう
・カビる
・日光で退色する


せっかく作ったドライフラワーが台無しになってしまいます。

長く綺麗な状態を保つためには
密閉容器にいれて保存するのがおすすめです!!

最後に

ドライフラワーってなかなかハードルが高いんじゃないかと思ってませんでしたか!?

ぜひみなさまおうちでも挑戦してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ